スタジオKUKU

スタジオ KUKUへようこそ

スタジオ KUKUは木工小物の企画・制作をする工房です  

 作り手の想いをのせたモノたちは、人・自然・暮らしとつながってゆき、その人の暮らしの一部になってゆきます。
 スタジオ KUKUは、心地よい暮らしの道具作りをめざしています。



8月、葉月。連日の猛暑が続いていますが、信州は夜は20度を切るくらいに気温が下がるので、ほっといたします。日中は、ミーンミーンとミンミン蝉の鳴き声、夕方になるとカナカナとヒグラシ蝉が鳴きはじめ、短い信州の夏を感じています。

 topics
         
  • トップページの画像は、ガラス作家、佐藤聡さんの被せガラスという中と外とで色の異なるぐい呑みです。初夏、京都へ寄ったときに祇園のZENという素敵なお店の集まった一角にある佐藤さんのshopで出会いました。建築からから硝子作家に転向されたそうです。                                        作品に添えたのは、元気に咲いている庭の丹南吾亦紅という少し小さめの花です。信州では、お盆を過ぎると、もう秋の気配となります。小さな花弁がたくさん集まったかわいらしい大好きな花です。
  • 現在、横浜市の山の上ギャラリーにて、6回目の「祈りのかたち」展が開催されています。猛暑ですが、緑に囲まれた広々とした空間で涼みながらご覧頂ければと存じます。会期は10月2日までになります。
  • 秋は展覧会が続き、現在その準備中です。9月には、松本で「木の匠たち展」、東京青山で「木と織 2人展」が開催予定です。
  • 展示室は、不定休となっております。              工房で仕事をしておりましても、谷恭子が留守をしていたり、展覧会が近い時などには大変恐縮ですが、いらして頂いてもご覧頂けないことがございます。                                     前日までにはお電話やメールでご連絡を下さいます様、何卒よろしくお願いいたします。