春の節会展 コラボ作品紹介5  2008.03.02

 今回は、木の作品をご紹介します。

 Miyuki Sakurai  櫻井 三雪 さん
 


 櫻井さんの作品は、これまでもKUKUの展覧会で、一緒に展示したこともあり、その心静かな表情に多くのファンがいます。 個展のときに頂いた作品をきっかけにシリーズで4ポーズがあるのですが、その中から2点、ちょうど立ち雛の佇まいになる2体を作って頂きました。
 前々回の真木さんの所でもご紹介しましたが、真木さんの布ととても良く合いました。

            

 
 素材は、シウリザクラという桜の仲間で、深みのある色合いの木です。彫った跡がなんとも手に優しく、包み込むようにして持つと、とても穏やかな気持ちにさせてくれます。
  KUKUの室礼棚、ミニ室礼棚、オーバル台などとあわせたり、1体で飾っても、又一味違った楽しみ方が出来ます。


 昨年、2人展のご案内を、ニュースのページでしましたが、普段は、もっと奥深い心象風景を表現した作品を制作しています。 
母の胎内をイメージさせるような作品もあり、彼女ならではの独特な世界を展開しています。
 これから、どんな世界を繰り広げていかれるのでしょうか?
 活躍がとても楽しみです。