春浅き庭のひとこま 2008.04.16


かたくり 白かたくり 貝母百合
翁草 あずまいちげ 福寿草

 工房の前に大きな山桜の木がありますが、まだ蕾が固いようです。街の染井吉野は咲き始めましたが、いつも工房では、連休の頃がお花見時です。
 庭でも頭をのぞかせていた花芽が毎日、ぐんぐん伸びて咲きはじめました。 今年、一番うれしかったのは、毎年どういうわけか1輪しか咲かなかったあずまいちげが7輪も咲いたことです。 白い小さな楚々とした花は、本当に美しく、自然の造形の妙を感じさせてくれます。お茶花に良く使われる貝母百合も間もなく開きそうです。昨年は、全く蕾がつかずに終わってしまい、絶えてしまったのかとがっかりしたのですが、たくさんの蕾をつけてくれました。
 なかなか手が回らないので、宿根草ばかりの庭ですが、毎年、芽を出してくれ、小さな芽がとてもいとおしく感じられます。もっとも花の美しい季節を楽しみたいと思います。