ヤマボウシ 08.06.28 

 
ついに、ヤマボウシの花が咲きました。 10年目でしょうか? 
以前スタッフだった芦田さんが実生で育てた苗をもらい、植えたものです。 木は、すくすくと成長し、毎年、元気いっぱいに青々とした葉をつけていたのですが、一向に咲かないのです。
 剪定講座に通っていたとき、先生に伺うと、「元気はありますか?」
「はい、元気いっぱいで枝もどんどん伸びています。」
先生いわく、「元気すぎて、青春がずっと続いているのですね。 スコップを入れて、軽く根を切ってごらんなさい。 少し弱って、年齢を感じ、花を咲かせ、実をつけようとするでしょう。」
「???」 
 半信半疑でしたが、昨年の初夏、言われたとおりに根を少し切りました。 
 そんなことを忘れていて、昨日、何気なく木を見上げると、な、なんと、白いものが… 花が咲いていました!!
 大好きなヤマボウシが、とうとう花を咲かせました。 大きな花をたくさんつけていました。

 自然の摂理というのは、不思議なものですね。 独身時代を満喫している若者が多い昨今ですが、(いえいえ、決して否定するわけではありませんが…)ちょっと、何かあって悩んだりすると、将来のことも考えて、結婚して、子どもを持つことを考える。人間と一緒なのでした…