御衣黄 

 久しぶりの更新になってしまいました。忙しくしているうちに、季節は春。東京の桜はもう葉桜ですね。我が家の庭では、今は小諸市の樹木、梅の花が満開です。信州では、これから、梅、杏、桜、桃などが、ゴールデンウィークにかけて次々に開花いたします。
 春の花といえば、桜。日本の三大桜に会いに出かけてみたいものだと常々思っています。樹齢が1500年とも2000年とも言われます。 古代から、私たち人類を見守り続けてきたのですね。
 小諸の桜前線も間もなく届きそうです。懐古園では、桜祭りが毎年開催されます。石垣の上から、見下ろす染井吉野は、それはすばらしい眺めで、毎年楽しみにしています。
 又、あまり知られてはいませんが、工房から車で5分ほどの菱野温泉の入り口に「御衣黄」という緑の桜が咲きます。緑といっても、開き始めと開ききったときとで、微妙にピンク色が交じり、とても美しい姿を見せてくれます。 写真は、昨年の5月、ゴールデンウィークを過ぎた頃に撮影したものです。もう、終わりに近づいた頃だったでしょうか?
 以前は、2本だけだったのですが、口コミで人気が出たようで、地元の方が増やして、かなりの数の木を見られる様になりました。ちょっとしたお散歩が出来るくらいに広がっています。 桜前線が通り過ぎてしまって寂しさを感じていらっしゃる方には、お薦めです。